脱毛に関する知識あれこれ

脱毛は痛くないのか不安に思うことによって

脱毛の痛みを不安に思う女性

脱毛はエステサロンや美容外科・皮膚科などで受けることができますが、始めて受けるにあたって心配なのが痛くないかどうかということだと思います。 方法やその人の感じ方によって痛みがあるかどうか違ってきます。エステサロンでは主に光脱毛を行っていますが、ほとんどのサロンでは痛くないということを売りにしています。 実際にサロンでアンケートを取っている所では、受けた人全員がほとんど痛みを感じていないと答えている所もあります。

また美容外科などでは医療レーザーを使って施術しますが、レーザーをあてる前には患部を冷やします。 レーザーをあてるとぱちぱちと音がしてゴムではじかれるような痛みがありますが、人によってはとても痛く感じる場合もあるようです。 感じ方は人それぞれですので、一概にこれは痛みがあるとはいえませんが、心配であれば行こうと考えているサロンなどの実際に受けた人の口コミを確認してから、 施術を受けると安心感があります。

産毛の脱毛は回数をこなす必要がある

現在のプロによる脱毛の主流はレーザーとフラッシュという主に2つの方法があります。 この内、レーザーは医療機関にて医師のみが利用でき、一方でフラッシュはそれ以外の脱毛エステサロンなどで受けることができます。 どちらの方法も毛根を破壊することで、毛の再生を防ぐのですが、黒や茶色などの濃い色にのみ反応するという仕組みになっています。 このため肌を直接傷つけることなく施術を進めることができるのですが、その一方で産毛は色も薄く細いため、レーザー等が反応しない場合があります。

ワキなどのように濃い毛であればすぐに反応するのですが、顔などに生えた薄い毛には効果が薄いともされています。 もしどうしても完璧に産毛もなくしたいという場合であっても、他の部位よりも多い回数でレーザー等を照射する必要がでてきます。 フラッシュではより反応しにくいとされています。自分が納得できるのがどの程度かによって、回数などを決める必要があります。

男性の脱毛方法の色々

脱毛と言えば、女性のイメージがあるわけでありますが、男性も最近は多くの方が行なっているようであります。 男性もムダ毛や濃い毛、ひげなどの処理が大変だという方の為に全身や部分的な脱毛を行なっている方がいます。 そんな処理をする方法としてどのようなものがあるのかを説明します。

永久的に無くしてしまいたいと言う方には、美容整形などで、レーザーでの処理をして貰う方法もあるのですが、この場合は、コスト面や場合によっては痛みを感じ場合があります。 永久に無くなるというのは、回数を重ねてレーザー処理をして貰わないといけないのでその分コストがかかってしまいます。 コストを抑えるには、やはり自分での処理となってしまいます。 一般的な毛剃りや毛抜きという方法もありますが、これも場合によって痛みを伴います。痛みを抑えるには、専用クリームでの処理方法があります。 コスト面は安価であり、痛みもあまり伴わなく処理も楽で簡単であります。

脱毛とその効果について。

脱毛とは、体毛を意図的に除去し、美容や身嗜みの観点から行うことです。古い歴史があり、脱毛剤や宗教的な目的から紀元前4~3世紀頃より存在しています。 タンクトップやキャミソール、ミニスカートの着用にあたって、皮膚が露出する部分のむだ毛を処理するのが身嗜みの一種になっています。 さまざまな種類の方法があり、レーザーや光を使ったもの、ワックスや針を使ったもの、カミソリで剃毛をしたり除毛剤を使うことでむだ毛を処理する方法もあります。

しかし、どの方法も個人差に効果があること理解しなくてはならないのです。 エステなどの体験コースなどで効果が出る人もいれば、効き目がなく毛の量が変化しない人などもいます。 また、毛周期と呼ばれるケアサイクルにも合わせて、処理をしなければならないことも理解しなくてはいけないのです。 しかし、処理をすることで肌が奇麗になる、ワキガの予防になる、新陳代謝が上がったり、お洒落に自信が持てるなどの利点があります。

子供に脱毛は必要ない

子供に脱毛は必要ないですので極力、親が子供に対して行うのは控えるようにします。 なぜ必要ないのかというと元々全身の毛というものは必要だから生えているものですので、親が自分の子に対して毛を剃る行為をすると毛は必要ない物だと認識してしまうからです。 そうなると大人になると脱毛をする事は良い事だと感じてしまって自分から積極的にやっていくようになってしまいます。 また、過激に行う可能性もありそういう時が一番困る事になります。 毛を剃り過ぎたりしてしまいますと体の中に毛穴から菌が入りやすい環境になっていますので健康面で影響がでてきます。

このような事にならないように自分の子の毛を剃るという行為は控えるべきだという事です。 また、小さい子の皮膚は大人よりも弱いですのですぐに傷がついてしまいます。 無理に毛を剃ってしまうと傷がついてしまって痛い思いをしますので子には毛を剃る必要はないという事を認識させる必要があります。

ページの先頭へ